菅沼つとむ 活動

世田谷区議会議員 菅沼つとむ

活動

平成26年 第2回定例会が行われました

6月10日から19日まで、平成26年第2回定例会が行われました。

本議会で討議、議決された議案は世田谷区議会のホームページに紹介されておりますので、ご覧ください。

また各委員会も開催さました。所属する福祉保健常任委員会では広範な課題について討議が行われいました。審議の内容は、世田谷区議会のホームページに紹介されておりますので、参照ください。

平成26年 常任委員会が行われました

5月28日から常任委員会が開催されました

5月29日に行われた福祉保健常任委員会の審議の内容は、世田谷区議会のホームページに紹介されておりますので、参照ください。

区民の皆様の生活に直結する多くの課題を議論、検討しています。特に関心の高い待機児童問題、高齢者福祉など重要な課題に、長年、福祉保健常任委員会に所属して、取り組んでいます。福祉は私の政治家としての最重要なテーマです。

平成26年第1回臨時会が行われました

平成26年第1回臨時会が、5月14日から20日まで行われました。

審議の内容は、世田谷区議会のホームページに紹介されておりますので、参照ください。

また議会の模様は、インターネットで映像でもご覧頂けます。こちらの世田谷区議会のインターネット議会中継のページを参照ください。

桜新町 さくら祭り 2014

恒例の桜新町の「さくら祭り」が4月27日(日)開催されました。

今年は好天に恵まれ、多くの方がお見えいただきました。すでにお目当てのイベントや店舗がある来場者も多く、終日、大変な賑わいでした。消防署のコーナーでは、多くのちびっ子が消防服を着せてもらったり、消防車に乗せてもらったり、いつも列が出来ていました。

元サッカー日本代表の北澤豪さん日本サッカー協会理事)率いる「FOOT」の皆さんによるキックターゲットも毎年大盛況で、北澤さんもスタッフと一緒に子供たちとイベントを盛り上げてくださいました。

アニメ「サザエさん」の波平さんの声優を務められた永井一郎さんが1月に亡くなられましたが、「サザエさんカフェ」のオープンや、あいかわらず銅像が大人気で記念撮影する人が絶えませんでした。

さくら祭りのメインイベントといえば、水前寺清子さんのコンサートです。被災地での支援活動などで多くの人たちを励ました「365歩のマーチ」など40分に及ぶ熱唱でした。来場された多くの方が歓声をあげて楽しまれました。

毎年開催にあたっては、桜新町商店街振興組合の坂口理事長はじめ、実行委員、振興組合の皆様、警備、運営などに関わっていただく多くの関係者の方々に本当に感謝しております。

当日の様子は下記の「写真ギャラリー」もご覧下さい。

世田谷区議会だより

平成26年第1回定例会が行われました。2月24日~3月27日

2月24日(月曜日) 本会議(代表質問)、福祉、議運
2月25日(火曜日) 本会議(代表質問、一般質問)
2月26日(水曜日) 本会議(一般質問、議案の議決、議案の付託、請願の付託など)、予算、議運
2月27日(木曜日) 企画、区民、文教
2月28日(金曜日) 福祉、都市
3月 3日(月曜日) 分権、災害、環境、交通
3月 5日(水曜日) 本会議(議案の議決など)、議運
3月10日(月曜日) 予算(総括質疑)
3月11日(火曜日) 予算(企画総務委員会所管質疑)
3月13日(木曜日) 予算(区民生活委員会所管質疑)、区民
3月14日(金曜日) 予算(福祉保健委員会所管質疑)
3月18日(火曜日) 予算(都市整備委員会所管質疑)
3月19日(水曜日) 予算(文教委員会所管質疑)
3月24日(月曜日) 予算(補充質疑)
3月27日(木曜日) 本会議(議案の議決、請願の付託など)、議運

せたがや区議会だより(2014年4月26日発行)

平成26年 第1回定例会

<                     
項目 議決内容
項目 議案賛否一覧
項目 代表質問
項目 一般質問
項目 会派意見
項目 請願
項目 要望

世田谷少年サッカー連盟

世田谷少年サッカー連盟の会長に就任しました。

日本で有数の規模を誇る世田谷少年サッカー連盟の会長に、3月の定例総会で選任いただき、就任をしました。 1987年に世田谷区のサッカー協会から独立する形で、少年サッカー連盟を設立しました。
当時は世田谷少年サッカー連盟の現・事務局長と二人で、私の車に機材を積んで、グラウンドに行き、試合の準備をして、最後まで片付けをして戻りました。
現在は歴代役員各位の昼夜休日を厭わない尽力と、保護者の方々の多大な協力、各チームの指導者の一生懸命な運営・指導、そして何より子供たちの嬉々としてボールを追いかける姿に支えられ、日本一の試合数を誇る少年サッカー連盟になりました。
区域内にグラウンドが充実しているわけでもありませんでしたが、連盟役員や保護者の努力で多くの小学校の校庭をお借りできるようにもなり、週末には全国に連なる高学年の大会から、まだ入学間もない子供たちの微笑ましい試合まで、年間なんと1000試合を越えるようになりました。
Jリーグを目指す子、高校サッカーで活躍する子、勉学との両立に苦労しながらもサッカーを諦めない子。グラウンドで走る子も、巣立つ子も本当にスポーツをやっていてよかったといえる時間を共有できるように、更にサッカーのみならずスポーツ分野、教育環境の充実に尽力いたします。

下記の写真は、「菅沼杯」と銘打ち、区外のチームもご招待して毎年開催させていただいている大会の1シーンです。