5,729票の世田谷区民の皆様の付託を受け、当選することができました。 心からのご支援、本当にありがとうございました。 「6期目の新人」としてこれから4年間、20年の経験と新しい決意で世田谷区政に臨むお約束を、実現してまいります。

本来はこちらから御礼に上がるところ、ご支援いただきました地域の皆様にお越しいただき、6期目のスタートを切らせていただきました。 三宅しげき都議会議員、若宮けんじ衆議院議員にも激励のお言葉をいただきました。

DSC_0791

DSC_0808

DSC_0821

本日24日、選挙戦最後の個人演説会を開催いたしました。 桜新町の桜神宮で、多くの支援者の方々にお越しいただき、「菅沼つとむ、がんばれ!」「あともう一歩支援拡大の取り組みを!」の励ましをいただきました。 6期目の「新人」としての決意とまだまだ26日の勝利への道のりがあり、あと1日、さらになる「菅沼つとむ」の浸透拡大のお願い、そしてこの4年間の世田谷区の無責任な思いつきと決断なきリーダーシップによる区政停滞を何としても変革したいとお訴えをさせていただきました。

演説会には、若宮けんじ衆議院議員、三宅しげき都議会議員にお越しいただき、国政、都政との密接な連携による区民のために取り組む私どもの日頃のの政治家としての役割をお話しいただきました。

都内最激戦を突破のため、自由民主党谷垣禎一幹事長が駆けつけてくださいました。 谷垣幹事長は、東大在学中から世田谷区でずっと一緒に過ごされたこと、まだ学生時代の初めての選挙では、私の父・当時都議会議員だった菅沼元治の街頭演説を聞いて、共感の一票を投じていただいたことなど、「菅沼つとむ」の応援に駆けつけた思いを込め、励ましていただきました。

まだまだ情勢は、勝利には届きません。 全力で、あと1日、「くぼた英文」さんとともに勝利へ向かって走りぬきます。

00900089

4月26日の投票日に向けて、毎日、多くの有権者の方々にご挨拶し、多くのご支持いただく皆様に励ましをいただいております。 1週間の選挙期間も佳境です。 私の地元・桜新町でも、辻々で立候補者がさまざまな訴えをされています。

しかし、「街かどの声を区政に」をこれまで20年間やり抜いてきたのは、「菅沼つとむ」です。 これまでの経験に安住せず、新たな決意と使命感で、残り4日間、走り抜きます。

0010

本日、世田谷区議会議員選挙に立候補させていただきました。 4月26日の投票日に向けて、全力でお訴えをしてまいります。

DSC_0141 のコピー

「教育」と「福祉」が私が政治家としての最も大事なテーマとふまえ、取り組んでいる課題です。 世田谷区議会において、さらに4年間、地域の方々の願いをわが思いとして、真剣に果敢に挑戦していきます。

これまで5期20年、区政の万般を俯瞰し、ひとつひとつの課題に真摯に取り組んでまりましたが、決してその経験に安住することなく、6期目の「新人」との新たな決意と、さらにどんな問題にも柔軟なフットワークで取り組んでまいります。

DSC_0157 のコピー

昨年、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などを利用して、青少年が犯罪に巻き込まれた件数が、1500件近くに及んだと警察の発表がありました。いわゆる「交流サイト」など利用がきっかけで、被害に遭うケースが増えています。

警視庁が、学校と連携して、このような被害に遭わないように、講習会などを開催して、子供のみならず、保護者の知識と危険への啓蒙も行われています。 量販店などで購入する際には、18歳未満の子供の利用の機器には、フィルタリングをかけることになっています。これは保護者の義務でもありますし、販売店側の責務です。 ただ単に、性能や値段、また料金プランなどで、選んでしまいがちですが、子供の使う機器の安全は、しっかり確保したいものです。

このホームページも多くの方が、スマートフォンを利用して、ご覧いただいています。 あっという間に、必要な情報が取り出せる便利な機器ですが、子供にとっては、危険への入り口となる可能性が高いことを、ともどもに気をつけていきたいと思います。

ニュースでは、「りんご病」(伝染性紅斑)が東京都内で患者数が増えているという報道がありました。 子どもたちにとっても親御さんにとっても、新入学や新学期で、そして新年度と、疲れの出始める時期です。 治療に効く薬もなく、かゆみや痛みが伴う場合もあるようですから、小さなお子さんの場合には、親御さんとしては不安だと思います。 気温や天気も含めて、環境の変化の大きい時期ですので、細心の注意を。

いよいよ4月26日に向かって、事務所開きを挙行しました。 世田谷区のために共に尽力してくださる、若宮けんじ衆議院議員三宅しげき都議会議員も駆けつけてくださいました。 下北沢商店連合会の会長として、ともに世田谷区内の商店会活性化に取り組んできた「くぼた英文」さんもお見えになりました。 そして、何より頼もしいのは、桜新町商店街振興組合の坂口理事長をはじめ、日夜「菅沼つとむ」へご指導、励ましをいただく、地域の各方面の方々がご参集いただいたいことです。 世田谷区のために、新たな決意と使命感でスタートします。

005

若宮けんじ衆議院議員、三宅しげき都議会議員には、激励の言葉をいただき、また「くぼた英文」さんにはゴールを目指して戦うご決意を披瀝いただきました。 004

003

来週の日曜日4月19日は、「さくら祭り」です。 詳細は、桜新町商店街振興組合のホームページをご確認ください。

4月19日(日) 11:30~17:00 桜新町駅前 お花見広場にて開催(小雨決行) 水前寺清子さんオンステージ 2時30分頃出演予定(雨天の場合には中止とさせていただきます)

N000225_0001

ニュースで、横浜市の元中学校校長の信じがたい事件が報道されていました。 教育者としてあるまじき行為に、許しがたい気持ちです。

横浜市の林文子市長が苦渋の表情で、しかし毅然と記者会見をされていました。

371万人と全国の市区町村で最大の規模の舵取りをする林文子市長とは、世田谷区で義務教育を一緒に受けました。 大変に聡明でしたが、それをひけらかすことなく、バランス感覚に優れた同級生でした。 社会に出られてからも、国内、海外の自動車メーカー、大手スーパーで傑出した成果をあげられた林市長ですが、今もそうかもしれませんが、当時も家族が大好きという印象が強く、その目線の優しさが、行政手腕にも活かされているのだと思います。 私の方が政治の世界のデビューは早いですが、行政に関わる上で大事にしないといけない感性は、共通点が多いと感じています。

年齢的にはちょっと先輩の萩本欽一さんが、私の後輩になられた。駒澤大学に今日、入学された。 ご本人は、老化防止のために入学試験に挑戦され、合格をされたというニュースに触れた時にも驚きましたが、ついに今日から大学生としての新しい人生をスタートされる。 駒澤大学は、曹洞宗の「学林」として創設されたことから、まさに大学の淵源となる仏教学部で、これから学ばれることになります。 駒澤大学の理念に「行学一如」という教えがあります。 高い倫理観をもって、社会のなかにあって経験や知識を学び、自己形成していくことに真摯である大事な理念であると思っています。 政治を行う、という自らの日常も、この理念に根ざしているか。萩本欽一さんの日々の努力に負けないように、しっかり考えていきたいと思います。