平成27年第4回定例会が始まりました。

区役所の業務は、4月から3月の年度単位で行いますが、議会の定例会は、カレンダー通り、つまり1月(2月)に開催する定例会が第1回、今回の定例会のように11月から12月にかけて開催する定例会は、第4回となります。

それぞれの定例会では、審議する内容の概要は決まっています。 年度予算が正しく執行されているか、と審査する議会や、区政の大事な予算を検討する定例会などがあります。

今回の定例会でも多くの議案が審議されます。 その1例として、自由民主党の代表質問の内容です。

1.本庁舎整備について 2.世田谷区の将来像について 3.世田谷ブランドの強化について 4.オリンピック・パラリンピックを契機とした賑わいの創出について 5.オリンピック・パラリンピック事前キャンプについて 6.公園整備におけるスポーツ施設の確保について 7.平成28年度予算編成について 8.起債残高と基金残高の関係について 9.行財政改革について 10.税収等の確保に向けた新たな取り組みについて 11.高齢者介護について 12.道路整備について 13.交通不便地域の解消に向けた今後の取り組みについて 14.教育政策について

またこのような定例会や委員会を円滑に進めるためにも、私が委員長を務める「議会運営委員会」の存在が大事になります。 これまでの議員活動の経験と、何より区民の日々の生活と未来にむかっての区政となっているか、と問いながら、重要な会議の舵取りをしています。