今年も「菅沼杯 世田谷招待サッカー大会」の開催ができました。 全国サッカー選手権では、決勝に進んだ国学院久我山、また母校の駒澤大学高等学校の躍進など、東京から出場した学校の活躍がめざましいものをがありました。 今年の「菅沼杯 世田谷招待サッカー大会」は、駒沢公園の第2球技場での開催でしたが、高校の都大会、全国大会を目指して戦いが繰り広げられる会場で、今回参加した4年生も、あと5、6年後には、このピッチに立っているかもしれません。

「菅沼杯 世田谷招待サッカー大会」も世田谷少年サッカー連盟の坂井さんはじめ、運営に携わってくださるクラブ関係者の皆様のおかげで、27回を数えます。 少年サッカーの底上げを目指し始まった大会で、当初は6年生の卒業前のラスト・マッチでしたが、5年生、4年生と参加の学年も変わりました。いよいよ高学年に向かって、都内外の招待チームと交流するなかで、課題を見つけ、さらにサッカーに向き合う機会となればと願っています。 参加の選手たちには、いつも語ることですが、サッカーを楽しめる環境を作ってくださる保護者や指導者への感謝、そして何より得難き仲間・友だちとの絆をつくることに一生懸命であってほしいと思っています。

suganuma201601101DSC_2338

suganuma201601102